〒019-1108 秋田県横手市山内土渕字小目倉沢34番地8 トップページ組合概要業務案内アクセスお問合せ
4月中旬の現場にはまだ雪が・・・
2019.04.18(Thu)
 今年一番の暖かさを感じる晴天の中、横手市増田町狙半内
地内の現場を見に行った担当職員が、4月中旬となる現在も
狙半内地区には積雪がまだ残っていたようで、その風景の写
真を撮ってきてくれました。

010417狙半内①

010417狙半内②

010417狙半内③

010417狙半内④

関連記事
平成31年度チェーンソー及び刈払機の講習会について
2019.04.09(Tue)
 会社等でチェーンソーや刈払機を使用する場合、
労働安全衛生法により特別教育及び安全衛生教育
を行わなければならないことになっています。
各種講習会を受講されたい方は、お申込み下さい。

チェーンソー作業従事者特別教育
◆講習日時及び場所
 第1回目:平成31年 4月22日(月)、23日(火)
    場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第2回目:令和元年 6月 3日(月)、4日(火)
    場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第3回目:令和元年 8月 5日(月)、6日(火)
    場所:北秋田市沢口林業センター 沢口公民館
       (北秋田市脇神)
 第4回目:令和元年 8月19日(月)、20日(火)
   場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第5回目:令和元年 9月18日(水)、19日(木)
   場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第6回目:令和元年11月 6日(水)、7日(木)
   場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)

 講習時間:午前8時30分~午後5時30分

刈払機作業従事者安全衛生教育
◆講習日時及び場所
 第1回目:令和元年 5月21日(火)
    場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第2回目:令和元年 6月10日(月)
    場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第3回目:令和元年 7月10日(水)
   場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第4回目:令和元年 7月30日(火)
   場所:北秋田市沢口林業センター 沢口公民館
       (北秋田市脇神)
 第5回目:令和元年 8月26日(月)
   場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)
 第6回目:令和元年 9月25日(水)
   場所:プラザクリプトン(秋田市河辺)

 講習時間:午前9時~午後4時

◆主催 : 林材業労災防止協会秋田県支部
       以下、『林災防秋田県支部』
◆チェーンソー及び刈払機それぞれ受講料と
 テキスト代がかかります。

◆定員 : 各回60名まで

◆申込期限 : 受講日から14日前。
 尚、期限前でも定員に達した場合は受付終了となります
 のでご了承下さい。

◆申込方法
 申込書に必要事項を記入し、証明写真1枚を添えて
 林災防秋田県支部へ郵送又は持参となります。
 内容確認後、講習日1週間ほど前に、詳細を通知
 する受講票が送付されます。
 ※申込書が必要な方は当森林組合までお申し出下さい。

お問い合わせは、当森林組合(0182-53-2281)又は
林災防秋田県支部(018-837-7762)まで。
(講習会の詳細については、林災防のホームページでも
確認できます。)
関連記事
木材市況2019年3月
2019.03.26(Tue)
秋田県森林組合連合会実施木材流通センター
木材市況情報2019年3月分


1.月の出品量   8,290.375㎥
  販売数量    7,541.396㎥
  平均落札率   90%

2.量産工場がある程度の原木在庫を確保しており、ほとんどの径級
  でやや弱含みとなった。
  材質の評価次第で価格差はあるものの、16~22cmで11,000円/
  ㎥前後、24~28cmで11,000円~13,000円/㎥、30~34cmで
  11,000円/㎥前後での取引となった。
  4mの14cm下材や劣材・曲り材が各センターで完売したことにより、
  平均落札率が90%となっている。
  
            
                        単位:価格 円  数量 ㎥(石)

樹種

長級

径級
秋田木材流通センター
高値安値平均
スギ3.65
14下込
(2,833) 
10,199
(2,188) 
7,879
(2,808)
10,112


16~22
(3,160)
11,379
(3,021)
10,879
(3,042)
10,953

22下
   


24~28
(3,383)
12,179
(3,355)
12,079
(3,373)
12,144


24~34
   


30~34
(3,666)
13,199
(3,071)
11,059
(3,216)
11,581


36~44
(4,471)
16,099
(2,541)
9,149
(3,675)
13,232

46上
(13,194)
47,500
(2,777)
10,000
(5,620)
20,233
出品量・販売量・販売率
3,217.195
2,613.46981%

関連記事
職員視察研修会
2019.03.22(Fri)
 平成31年3月20日(水)当組合職員視察研修会を開催
しました。今回、岩手県花巻市にある株式会社花巻バイオ
マスエナジー及び花巻バイオチップ株式会社を視察しまし
た。

 今回まで職員全員で視察研修に行く機会は中々無かっ
たのですが、十数年ぶりに職員視察研修会を行う事となり、
近年盛んとなってきた木質バイオマス発電施設と、その発
電燃料となる木質チップ材の製造を視察しました。

 普段は山作業をしている現場職員や、室内で業務を行う
事務員の多くにとっては初めて見る光景が広がり、担当者
の説明を聞きながら真剣な眼差しで、施設を視察している
様子でした。

▼代表取締役の森井敏夫 氏による挨拶及び説明の様子
310320職員視察研修1
▼管理部 総務・安全担当の鎌田 氏による説明の様子
310320職員視察研修2
▼土場視察の様子
310320職員視察研修3

310320職員視察研修4
▼木材チップストックヤード
310320職員視察研修5

310320職員視察研修6
▼木材チップ製造施設内視察の様子
310320職員視察研修7
▼発電施設内視察の様子
310320職員視察研修9

310320職員視察研修8

関連記事
種駒各種の注文受付について
2019.03.20(Wed)
 今年は雪溶けが早く、春の陽気が感じられます。
春は、きのこ栽培を楽しむ季節でもあり、この季節
を心待ちにしていた方もいらっしゃるのではないで
しょうか?

 昨年、組合員の皆様にご好評いただきましたナメコ、
シイタケの種駒をはじめ多数品種を揃える予定です。

 マイタケ榾木やトンビマイタケの菌床も販売致します。
(マイタケ榾木及びトンビマイタケ菌床はケース単位での
販売となります。)

種駒各種(500駒入)
 ナメコ・シイタケ・カノカ・クリタケ・ヒラタケ・
ムキタケ・エノキタケ・キクラゲ 等

マイタケ榾木(1ケース5ヶ入)

トンビマイタケ菌床(1ケース6ヶ入)

販売価格については当組合までお問い合わせ下さい。

※ 尚、種駒等の販売開始は4月初旬からとなります。
現在、予約注文を承っておりますので当組合まで
お問合わせ下さい。

関連記事
木材市況2019年2月
2019.02.26(Tue)
秋田県森林組合連合会実施木材流通センター
木材市況情報2019年2月分


1.月の出品量   6,499.248㎥
  販売数量    5,598.125㎥
  平均落札率   86%

2.民有林の出材が増加し、各製材所が原木を確保していることから、
  一部の径級を除き弱含みで推移した。ただし、4m14cm下材は、
  県外勢の参加もあり引き合いが強く、劣材を含め、高値での取引
  となった。来月以降もこの傾向が続くと思われる。ブナを含む広葉
  樹は、県外勢の参加もあり強い引き合いとなっている。
  
            
                        単位:価格 円  数量 ㎥(石)

樹種

長級

径級
秋田木材流通センター
高値安値平均
スギ3.65
14下込
(2,916) 
10,500
(2,166) 
7,799
(2,914)
10,492


16~22
(3,124)
11,249
(3,000)
10,800
(3,071)
11,059

22下
   


24~28
(3,438)
12,379
(3,299)
11,879
(3,390)
12,207


24~34
   


30~34
(3,488)
12,559
(3,433)
12,359
(3,467)
12,483


36~44
(4,055)
14,600
(3,527)
12,699
(3,727)
13,418

46上
(9,527)
34,300
(2,500)
9,000
(4,055)
14,600
出品量・販売量・販売率
1,620.032
1,373.46684%

関連記事
平成30年度秋田県林業技術交換研修会
2019.02.15(Fri)
 平成31年2月14日(木)から15日(金)にかけて、秋田県及
び一般社団法人秋田県森と水の協会主催の平成30年度秋
田県林業技術交換研修会が秋田県森林学習交流館プラザ
クリプトン(秋田市河辺)を会場に開催され、県内の林業関係
者約110名が参加しました。

 また、林業グループ活動実績発表会では、県内7グループ
の発表がありました。平鹿地区林業後継者協議会からは、
当組合の組合員でもある高橋安助 氏(横手市)が『所有林の
管理帳簿を作ろう-次世代に豊かな森林を継げるように-』
と題して、山の帳簿を作ろう研修会(平成30年10月23日に
当組合ブログに掲載)においてパソコンやGPS、ドローンを活
用して山林の管理帳簿作成を実施した活動実績や今後の課
題について発表を行いました。

▼高橋氏の発表の様子
H310214研修会①

H310214研修会②
▼会場全体の様子
H310214研修会③

関連記事